睡眠時無呼吸症候群が心筋梗塞の要因に!? - 見逃すと危ない病気のサイン 〜早死しないための新常識

診断結果で手遅れになる前に読むブログ

「見逃すと危ない病気のサイン」へアクセスいただき、ありがとうございます。これで、長生きする第一歩を踏み出すことができたはず。生命や身体障害に関わるさまざまな病気の最新情報や健康法を紹介していきます。ぜひブックマークして、健康な毎日をお過ごしください!!

睡眠時無呼吸症候群が心筋梗塞の要因に!?

睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる睡眠時無呼吸症候群(SAS)。
朝方に起きやすい心筋梗塞との関係を研究している長崎市立市民病院による研究結果が、日本心臓病学会で発表された。


(以下、引用)

朝に多い心筋梗塞、睡眠時無呼吸症候群が関係か

 心筋梗塞が朝方に起きやすいのは、寝ている間に呼吸がたびたび止まる睡眠時無呼吸症候群が関係している疑いがあるとの研究結果を、長崎市立市民病院の中島寛・循環器内科部長が21日、熊本市で開かれている日本心臓病学会で発表した。
 2006〜11年に同病院で治療した心筋梗塞の患者に対し、発病から2週間後、睡眠時の呼吸や脳波などを測定。空気の通り道である気道が狭くなることで起きる閉塞性睡眠時無呼吸症候群と診断された216人と、診断されなかった72人について、6時間ごとの時間帯に心筋梗塞の発症率を調べた。
 その結果、無呼吸症候群の人は、午前6時〜正午の発症率が38%と他の時間帯に比べて高く、「無呼吸」の程度が重い人の43%がこの時間帯に集中していた。無呼吸症候群でない人は、どの時間帯も25%前後と差がみられなかった。

―――

睡眠時無呼吸症候群は睡眠時呼吸障害と呼ばれ、昼間の眠気、いびき、呼吸停止(無呼吸)などがある。
放置すると糖尿病や脳卒中の原因になることも判明している。

軽症の場合は、減量や生活習慣だけで症状が改善する。
ある程度症状が進んでいると、CPAPなど治療器が必要だ。

いびきが気になる人は、注意するに越したことはない。


★睡眠でひとつでも該当する人は今すぐチェックを!
  ↓↓↓

 □よくいびきをかく
 □何時間寝てもすっきりしない
 □朝起きたときに頭痛がある
 □夜中にトイレに起きる回数が多い
 □日中の眠気に悩んでいる
 □息苦しくて目が覚めることがある

 >> 1日5分、自分で出来る改善術の詳細を見る


ここは記事下のフリースペースです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。