秋 鼻水が止まらない。軽い風邪と思ったら大間違い!? - 見逃すと危ない病気のサイン 〜早死しないための新常識

診断結果で手遅れになる前に読むブログ

「見逃すと危ない病気のサイン」へアクセスいただき、ありがとうございます。これで、長生きする第一歩を踏み出すことができたはず。生命や身体障害に関わるさまざまな病気の最新情報や健康法を紹介していきます。ぜひブックマークして、健康な毎日をお過ごしください!!

秋 鼻水が止まらない。軽い風邪と思ったら大間違い!?

暑さが一段落したこの秋、鼻水が止まらない、鼻づまり、くしゃみが続くといった人が増えているとか。季節の変わり目の軽い風邪と決め付けるなかれ。花粉症、喘息、アレルギーの始まるかもしれない。


秋の始まる9月、鼻水が止まらないという人が増えている。
専門医によると、夏から秋にかけてはアレルギーを起こす要因がいくつもあるのだとか。
夏の猛暑によって体力が落ち、体が衰弱気味になっていることも要因の一つのようだ。
秋にはいった9月、鼻水が止まらない、鼻づまりやくしゃみが続くといった症状がある人は、以下の記事を参考にして自己管理をオススメする。

副鼻腔炎や慢性化が懸念される秋花粉症


秋は秋花粉症が発症する時期でもある。
秋花粉症の原因となる花粉は、ブタクサ、ヨモギ、セイタカアワダチソウ、イラクサ、カナムグラといった植物で、よく街中の空き地や河川敷に生息している植物だ。
春のスギ花粉は平気でも、秋花粉症に悩まされるケースもあるという。

飛散量はスギ花粉に比べ少なく、花粉の飛散範囲も数十メートルと広くはないものの、秋花粉症に気づかず放置していると、副鼻腔炎の併発、花粉症の慢性化などを引き起こす危険がある。

この秋、仮に1週間も鼻水が止まらないなら、秋花粉症を疑い一度耳鼻科で診察してもらったほうが賢明だ。

エアコンのカビが引き起こすアレルギー性鼻炎


9月といえど、まだ暑い日が続くこの頃。
エアコンに頼ることも多いが、このエアコンが曲者だ。
なにせ夏の猛暑でフル稼働したおかげで、フィルターはホコリやチリだらけのはず。
しかも、冷房でエアコン内部に貯まる水滴によってカビの量も半端ない。

いつもの調子でエアコンをつけると、溜まったホコリやカビがエアコンの風に乗って部屋中に舞飛び、アレルギー性鼻炎を患う危険性が伴う。

まだエアコンを頻繁に使っているなら、アレルギーを引き起こす前に、すぐにフィルターを掃除するべし。

死骸やフンでも発症するダニアレルギー


エアコン同様、掃除するのは布団やマットレス、ソファも対象にしたい。
秋の止まらない鼻水は、ダニが原因かもしれないからだ。

夏場に爆発的に増えるダニは、乾燥する季節に寿命を迎える。
そのため、秋はダニの死骸やフンが増えるタイミングになる。
気をつけないと鼻炎になるだけではなく、喘息やアトピー性皮膚炎の原因になる可能性がある。

ダニは温度20−30度、湿度60%以上で発生しやすいとされ、夏場の汗や湿気、体温によって発生しやすい条件が揃いやすいのは、布団やマットレス、ソファなどの寝具。
掃除機をかけ、洗濯できるものは洗濯し、しっかりと乾燥させておきたい。

秋に鼻炎や風に似た症状が続いたら、アレルギーを疑って診察を受けておきたい。

秋の止まらない鼻水は、放っておくと厄介な症状を招きかねくかも。


ここは記事下のフリースペースです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。